妊娠中に突然の便秘と花粉症|オリゴ糖で自然に治す方法

女性は妊娠すると急に体質が変わり
今まで花粉症ではなかったのに急に症状が現れたりします。
おまけにホルモンの分泌で便秘気味にもなってしまったりと
苦しまれる方も少なくありません。

そんな便秘と花粉症ですが
実は深く関係していることご存知ですか?
便秘はすでにお分かりかと思いますが腸内環境の悪化によることが多く
花粉症も腸内環境をよくすることでアレルギー反応を抑える効果があります。

平成22年度の花粉症対策(厚生労働省)においても、
「腸内細菌を変化させると体内の環境がアレルギーを抑えるようになる」と述べられております。

最近では、腸内の善玉菌を増やすことで花粉症に効果があるということが広まり
ヨーグルトや乳酸菌を摂取する人が多いですが、実際に試して効果があったという人は
30%未満となっているようです。

では、なぜヨーグルトを毎日食べても30%未満と効果が少ないのでしょうか?

それは、ヨーグルトに含まれている善玉菌が
消化酵素や胃酸によってほとんど死滅してしまい
腸内に届くまでには非常に少なくなっているのが原因です。

これではせっかくビフィズス菌入りの高めのヨーグルトを買っていても
あまり効果がなかったのは納得できます。
ちなみに腸まで届くという乳酸菌も、やはりすべて届くわけでなく
一部しか届いていないのが現状のようです。

そこで腸内環境を改善するのに注目されているのがオリゴ糖です。

腸の中には誰でも、多かれ少なかれ善玉菌が存在します。
オリゴ糖は、善玉菌の大好物でこれを多く摂取することによって
善玉菌を元気して増やしてしまおうという方法です。

ただ、ここで注意して欲しいのは
スーパーなどで売っているシロップタイプのオリゴ糖は
甘味料がほとんど効果が期待できません。

そこでオススメなのがカイテキオリゴのオリゴ糖
腸内の善玉菌といっても、その種類は30種以上
通常のオリゴ糖では一部の善玉菌にしか効果がありませんが

カイテキオリゴのオリゴ糖は独自の理論で
ほとんどの善玉菌を活性化させる事に成功し
より多くの方に効果が表れています。
主原料は天然成分なので妊婦や赤ちゃんでも安心

腸内環境が良くなれば便秘や花粉症だけでなく
免疫力の向上、アレルギー体質の改善にも役立ちます。
薬や対策グッズで、一時的にその場をしのぐよりも
体質を改善して花粉症とおさらばしましょう。

 

関連記事

  1. 硬いコロコロうんちを柔らかく|乳児の便秘解消法
  2. 妊娠中に突然の便秘と花粉症|オリゴ糖で自然に治す方法
  3. カイテキオリゴ糖を離乳食に混ぜて乳児の便秘もスッキリ
  4. 食物繊維を豊富な食材を離乳食レシピに加えて乳児の便秘を解消
  5. お腹マッサージと離乳食の改善で乳児の便秘解消
  6. 母乳育児の乳児が便秘になりにくいのは特別な理由がある
  7. 乳児のうんちが出ない時は綿棒浣腸が効果的
  8. 乳児の便秘に効く腸の働きをよくする食材
  9. 乳児の硬いうんちを柔らかくする離乳食
  10. 乳児の便秘は離乳食を始める時期に多い|原因と対処法
  11. 乳児のうんちが硬く便秘になってしまった原因
  12. 乳児が血便?心配される症状と原因
  13. 乳児の便秘のサインは普段の生活を見ていればわかる
  14. 乳児の便秘が1週間続いてしまった時の対処
  15. 乳児の便秘|嘔吐を繰り返すようなら病気の可能性もある
  16. 乳児の便秘|どのくらいの症状で病院へ診せた方がいいのか
  17. 便秘になってしまった乳児に使用できる安全な便秘薬
  18. 粉ミルクには便秘になりやすいものと下痢になりやすいものがある!?
  19. 生後2ヵ月の乳児はうんちの回数が減っても便秘でない場合が多い
  20. 生後2ヶ月の乳児が完全母乳なのに便秘になってしまったワケ
  21. 乳児の便秘に効く砂糖水の作り方
  22. 授乳中のママが便秘薬を飲んで乳児に影響はあるのか
  23. 泣きながらウンチをする乳児は便秘以外の病気もあるので要注意
  24. うんちを柔らかくする食材で乳児の便秘を解消
  25. マルツエキスは昔から使われていた乳児の便秘薬
  26. 乳児の便秘|うんちの材料を増やす食材
  27. 6ヵ月になった乳児は離乳食が2回食になると便秘になりやすい
  28. 3ヶ月の乳児が便秘かな?と思った時のチェック法
  29. うんちが2~3日出なくなってしまった乳児の便秘チェック法

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://benpi-kaiketu.info/mt/mt-tb.cgi/111

コメントする

TOPPAGE  TOP 

ライブチャット 芸能人